2018年9月3日月曜日

◆ シャーベット作り ◆




  9月3日(月)  きく組  ◆シャーベット作り◆


 氷と塩を使って「シャーベット作り」をしました。
先生が作っている所を見せてもらい、その後で自分達で作るのですが…












製氷皿二つ分ぐらいの氷に、塩 大さじ5杯分入れました。














そして、二重にしたナイロン袋にブドウジュースを50㏄入れ、空気を抜いて
きつく結び、氷の中に入れて揉みます。











袋の表面がすごく冷たくなり霜が着いてきました。
冷たいのでタオルで包み、しっかり氷を揉みました。

取り出してみると、なんと!!
「固まってるーーーーー!!」
子ども達はビックリした表情です。
































子ども達もナイロン袋ジュースを入れて挑戦しました。












「きゃ~!冷たい!」
袋を早く振る度に冷たくなります。












みんな一生懸命に作りました。
すると…











「先生!固まってる!出来とるよ~」
すごく嬉しそうに教えてくれました。
「なんで冷たくなるんかなぁ~。ふしぎじゃなぁ~」
と話ながら出来上がった美味しそうなシャーベットを眺めていました。












「いただきまぁ~す!!」
すごく滑らかな食感に驚いたり喜んだり
お友達と一緒に食べました。

























































園長先生にも出来たシャーベットを持っていきました。
「氷に塩をかけるとどうして冷たくなるの?」
中学校で学習する内容で、理科の実験のようなクッキングでしたが
子ども達が「なぜ?」「どうして?」と疑問に思う体験が出来たことが
貴重な時間だったと思います。